金利が低くなる理由

おまとめローンで複数社のカードローンを一本化すると、金利は低くなります。そもそも金利が低くならなければ、おまとめローンにするメリットはほとんどなくなります。金利は借入金額が大きい程低くなっていきます。1社にまとめると借入金額もまとまるので、結果として金利は低くなります。

 

例えばA社で30万円、B社で40万円、C社で30万円の借入れがある場合、どこのカードローンも借入金額が低いので、金利は高めになってしまいます。しかし、3つのカードローンをまとめると合計の金額は100万です。多くのカードローンでは、30万円借りた場合と100万円借りた場合では、金利は変わってきます。もしも合計をまとめても金利が下がらなかったとしても、現在金利が低い所で一本化すれば、結果としてはやはり金利が下がります。

 

おまとめローンでは金利の条件が良い所を選ぶとよいでしょう。おまとめローンは自分から申込む前に、現在の借入先から勧められるケースも多いです。しかし、勧められた所の金利が元々高いのであれば、現在金利が低い所で金利の見積もりを出してもらってから決断をしても遅くはありません。

 

さらに言えば、現在借入れをしている所とは別に、おまとめ先を探してもよいのです。そんな方々におすすめとなるのが、おまとめ対応の銀行カードローンとなるオリックス銀行のおまとめや借り換えです。