返済額か期間か

複数社で借入れをしている場合には、おまとめローンで一本化すると金利が下がる可能性が高いです。金利が低くなれば、かかる利息が減ります。では、かかる利息が減ればどのようなメリットがあるのか、これは大きく2つあります。毎月の返済額が下がる、返済期間が短くなる、の2点です。

 

かかる利息が減れば毎月の返済額を減らせます。利息が少ない分、返済額に余裕をもたせられるからです。また、同じ金額を返済した場合には、元金がたくさん減るので、返済期間が短くなります。

 

おまとめによって両方の改善になる場合もあれば、どちらか片方が改善する場合もあります。しかし、どちらを改善するべきかについては、自分で初めから考えておいた方がよいでしょう。おまとめローンの目的がはっきりしていなければ、どのおまとめローンを選ぶべきかがわからないからです。

 

おまとめローンで金利が低くなるからといって、返済総額が少なくなるとは限りません。金利が低くなっても、毎月の返済額を半額にすれば、大抵は返済期間も総額も大きくなるでしょう。ただし、現在返済が間に合わないのであれば、それでもおまとめローンの価値があります。

 

返済不能になってしまえば債務整理などで信用情報に傷がつきます。逆に言えば、返済がそれ程の負担でない人が返済額を大幅に減らしても、それ程メリットはないといえます。

 

返済に関しての不明点はおまとめローンを利用する上では付きまといますので、困ったときにはおまとめローン金利の選び方も参考に、正しいおまとめローン利用を進めてください。